求人に含まれる雇用側の希望

求人に含まれる雇用側の希望

仕事を探している最中の人は、「どんな仕事が自分に向いているのか」について考えることはよくあるでしょうが、逆に「自分が雇用側に求められる人材にマッチしているどうか」について考えることはあまりないのではないでしょうか。求人情報に記載されている職種や業務内容に納得できけば、それがマッチしているということだと思っているかもしれませんが、正確にはそうではありません。雇用側は、「求人情報に書いてあることしかできない人」ではなく、「仕事上での様々なことに応用が利く人」を求めているからです。そのため、まったくの未経験者よりも経験者の方が採用される確率は自然と高くなります。内向的・消極的な人よりも積極的に自分から動き、判断できる、わからないことを積極的に尋ね、吸収できる人の方が安心して仕事を任せることができるものです。

つまり、求人を見て応募する側が考える仕事の向き不向きと、雇用側が考えるそれとの間には隔たりがあり、雇用側の視点で自分を評価したうえで求人に応募する方が成功率は上がるということなのです。

実際、スキルや資格を持っている経験者の方が、未経験の人たちよりも仕事を探しやすいでしょう。この場合の「仕事」とは、「待遇・条件が良い仕事」を指します。なんらかの資格やスキルを有していれば、膨大な数の求人の中から自分で探すことに加え、求人サイトにスカウト登録をして雇用側からアプローチしてもらうことも可能になります。雇用側はピンポイントで資格やスキルを必要としている人材をピックアップできますから、当然一般的な求人よりも待遇は良くなります。就職にあたって譲れない条件や希望がある場合も、雇用側と交渉しやすくなるでしょう。

仕事を探している中でまだ余裕があるなら、就職に有利になりそうなスキルや資格を取るってみてはいかがでしょうか。雇用側から求められるような人材になることで、求職活動の難易度は大きく変わるはずです。